So-net無料ブログ作成
検索選択

隠岐の島へ行ってきました。 ③ [旅]

 二日目  7月24日です。

 この日は 道後の西郷港から 島前の西ノ島 別府港へフェリーで移動。
雨は落ちましたが、観光中は曇り、重い雲が垂れ込めて・・・
                   景色が楽しめそうも・・・"(/へ\*)ウゥ…

 ↓ 西郷港8:30発~~別府港10:05着          船窓から撮
①西郷港8時30発.JPG



 中ノ島と西ノ島の間を通り 別府港へ入りますが、その間に見えた 三郎岩
②三郎岩.JPG
                  大きい順に 太郎・次郎・三郎だそうです。
                              
島前 中ノ島・西ノ島・知夫里島 地図                  島前、西ノ島と中ノ島.jpg
 ↓別府港着です。
③別府港.JPG

 乗ってきた フェリーしらしま
⑤乗って来たフェリー.JPG 
⑥乗って来たフェリー.JPG 

すぐ近くの遊覧船乗り場へ、國賀海岸巡り定期観光船に乗船。
ここで予期せぬお知らせ。『そと海が荒れて波が高く、途中から 引き返すことになります。』

  出航。 周囲の景色の説明を聞きながら船は進みます。
①-1.JPG②.JPG③.JPG


 内航用練習船 大成丸。
 珍しく 内海で練習船が停泊しています。とガイドさんが、 
④内航用練習船大成丸.JPG
 何時もは外海とのことです。 表敬でしょうか、「練習船の周りを一周します。」
 船上の練習生が 気づいて手を振ってくれました。 若者よガンバレー!!! 
⑤.JPG
⑥.JPG
⑦.JPG


  西ノ島大橋の下をくぐります。
⑧西ノ島大橋.JPG



 船引運河 
 西ノ島中央部の細くくびれた部分に、長さ340mの運河があります。
 内海と外海を結び、運河が出来る前は、船を陸に引き上げて越していたことから
「船越」の地名がついたと云われています。1915年に完成、運河の幅は 5.5mでしたが
 現在は12m。船が行き交えます。
⑩.JPG
⑫運河、船が行き違います.JPG



 外海に出ました。 船が次第に揺れ、波が船窓に打ちつけてきます。良い画像が撮れません。
 ここから隠岐諸島、西ノ島の北西部に位置する自然景勝地、國賀海岸(くにがかいがん)。
 
隠岐諸島、西ノ島の北西部に位置する自然景勝地、國賀海岸(くにがかいがん)。
日本海の荒波が創り出した、高さ200mを超える大規模な海蝕崖が、
東西に約13kmにわたって続く景勝地で、隠岐國賀海岸とも呼ばれます。
圧倒的スケールの断崖絶壁が連続するその光景は、日本国内のものとは思えないほどの
雄大さであり、隠岐の島随一であるのは勿論、国内屈指の景観美を誇ります。  ネットから


⑭.JPG
⑮.JPG


  豆腐岩
⑯豆腐岩.JPG


  亀島
⑰.JPG


  かぶと岩 
⑱かぶと岩.JPG

   
  この辺りから更に高波で 思わず うわあ~と声が出る程で   引き返します。
  ところが この先が一番の眺めと 見どころだったようで・・・( ̄д ̄)・・・

  未練がましいですが
 この先には國賀海岸の絶景と奇岩の数々に 明暗の岩屋(あけくれのいわや)。
 ここは全長250mに及ぶ自然が造りだした天然のトンネル(海浸蝕洞窟)
明暗の岩屋.jpgネットから


 再び船引運河を通り、遊覧を終えて 浦郷港 で下船しました。  
⑲浦郷港に下船.JPG


  遊覧船観光が短くて 早めの昼食。
サザエのおかわりが出ました。 これで昨夜から いくつ目のサザエかしら?(๑´ڡ`๑)うんまい 
⑳昼食.JPG
              ↑サザエご飯

昼食後は 國賀めぐり定期観光バスに乗ります。 
バスからの景色もこの天候では、…( ̄д ̄)…………続きは次回に。                                    
                      ご訪問ありがとうございます。

nice!(30) 
共通テーマ:blog